J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

[第8回] Redmineでプロジェクト管理(トラッカーの設定とチケットの発行) 

はい!本日も楽しく、そして楽にプロジェクト管理できるように頑張りましょう。

では参ります!

①まず・・・チケットとは?

Redmineではチケットを一つの"タスク"と扱います。
管理者のプロジェクトでは場合は、見積りで分けた単位を一つの単位にしております。

Redmineの機能には、チケットを発行したタイミングで
自動的に担当者へメールを送る機能がございます。
この機能を上手く利用すれば、担当者の稼働状況も調整が可能です。

さて、ではチケットを登録する前にチケットを登録する前の前準備です。

②トラッカーを登録しましょう。
トラッカーとは?チケットの中を分割するための区分です。
またトラッカーは分析するうえでも非常に便利です。
ご自身のプロジェクトにあった形で登録致しましょう。
インストール時は「機能」「バグ」「サポート」となっております。

 ではPFDにならってトラッカーを登録します。
 今回は各工程とレビューの工程を分けるように登録します。

1.「管理」を選択します。
img_01_20101024222244.png


2.「トラッカー」を選択します。
img_01_20101026225724.png


3.「新しいトラッカーを作成」を選択します。
img_02_20101026230448.png


4.下図のように入力し、「作成」ボタンを押下します。
img_03_20101026230448.png

※ワークフローは「機能」を選択して問題ありません。(必要に応じて変更可能です)
手順3、手順4を繰り返し、以下のようになりました。

img_04_20101026231226.png


③チケットを入力方法
では続いて、チケットの入力です。
チケットは見積もりに応じて実施するものとします。

今回、サンプルでは以下のような見積値として、ウォーターフォールで各担当者が同じタスクを並列で
実施するようにする場合を例にします。
(※見積値は適当なので、ボトムアップにしろ、ファンクションポイントやCOCOMOにしろ、プロジェクトにあった見積もり方法で見積った値を適応させるようにしてください)

img_05_20101026233840.png

1.登録したいプロジェクトを選択します。
img_06_20101026235915.png



2.「新しいチケット」タブを選択します。
img_07_20101026235915.png



3.下図のように登録します。

img_10.png

【トラッカー】上記で登録した工程を選択する
【題名】チケット名を入力
【説明】作業内容を記載
【ステータス】新規(すでに工程が進んでいる場合はその時にあったステータスを入力ください)
【優先度】通常※
【開始日】作業の開始予定日を入力
【終了日】作業の完了予定日を入力
【予定工数】予定工数の入力(0.5=30分)
【進捗率】0%
【添付ファイル】Input資料等があれば、ここに添付することで、前工程の結果がそのまま紐付きます。
【ウォッチャー】上長等と設定(ウォッチャーに選択された方は「マイページ」から報告の上がった、
チケットを適時確認することができます。

※1…筆者は上手く活用できておりませんが、限られた工数の中で優先順位をつけて対処するのであれば、利用できるかと思います。


※もし、担当者欄にメンバーが表示されていない場合、「設定」⇒「メンバー」からプロジェクトに関連するメンバーを登録しておいてください。
img_09.png


4.登録を行うの繰り返しです。(この作業はちょっと骨が折れるかもしれません。)
もし、同じようなチケットを入力するのであれば「複製」が便利です。
↑の入力済みの画面が表示されますので、一部を書き換えて登録しましょう。

img_11.png

ボトムアップで各担当者に見積りを行ってもらうのであれば、各担当者に入力を依頼しても
良いかもしれませんね。
もし完全な管理者であれば(筆者はプレイヤー兼マネジャーなの難しいですが)
メール送信機能も上手く利用して担当者にアサインするというもの円滑にプロジェクトを運用させるための
必要の方法かと思います。

はい、これでプロジェクトの登録が完了しました。
ガントチャートやカレンダーも見れるかと思います。
(本日は力尽きましたので次回にでも完成品はお見せできればと思います)

管理者の方はこのプロジェクトを運用することを注力するだけです。
次回は、ちょっと息抜きに、Redmineの簡単なカスタマイズ方法について説明致します。

それでは、また~♪
スポンサーサイト

category: Redmine

2010/10/25 Mon. 00:56 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

[第7回]Redmineでプロジェクト管理(プロジェクト追加) 

どうも!ご無沙汰しておりました。
風邪です。いやっ、なんともお恥ずかしい限りです。


さて、早いもので7回目ですね。
では今回はいよいよプロジェクトの追加を行っていきたいと思います。

例としては下図のプロジェクトを登録していきたいと思います。
開発フローも一般的なフォータフォール。

img_01.png

チーム分けプロジェクトA、プロジェクトBと二つです。

img_03_20101016002313.jpg


では参ります。

①プロジェクトの分割について考えます。
今回の例では、大きく、ミドルチームとアプリチームと分かれておりますので、
下図のように登録します。

img_08.png


②親プロジェクトを登録しましょう。

1.画面左上から「プロジェクト」を選択します。

img_01_20101024222244.png


2.「新しいプロジェクト」を選択します。
img_02.png


3.プロジェクトの概要を入力します。
img_03.png

・名称:プロジェクト名
・説明:プロジェクトの説明ですWiki形式で自由に記載ください
・識別子:ホームページのURLへ利用されます。
・ホームページ:関連ホームページがあれば、入力しましょう
・トラッカー:使用するトラッカーをチェックします。(とりあえずそのままでOKです)
・モジュール:使用するモジュールをチェックします。(とりあえずそのままでOKです)

4.「保存」ボタンを押下する。
これで作成が完了です。
img_04.png

③子プロジェクトを入力しましょう。
今回であれば、ミドルとアプリの二つのチームです。


ミドルチームは↓ですね。

img_06.png

アプリチームは↓ですね。
img_07.png


ポイントは、「親プロジェクト名」を入力してください。

この階層構造で登録できる点は非常に便利で、大抵のプロジェクトは
大きな開発の下には複数のプロジェクトが連なっており、管理者は一度に複数のプロジェクトの
進捗状態をチェックする必要があります。

その時に、一つの進捗を見ても分からないのですが、この階層機能を利用すると
管理者は複数のプロジェクトの進捗状況を一度に把握できるようになります。


では次回はチケットの登録方法について説明致します。


そろそろ、自身でも実装したくなってきた。。。。
何か面白いネタを探してみようかな~。

それではまた!
-- 続きを読む --

category: Redmine

2010/10/20 Wed. 01:36 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

[第6回]Redmineの基本設定(ユーザとグループの追加) 

[第6回]Redmineの基本設定(ユーザとグループの追加)

はいっ!管理人のKayaharaです。ご無沙汰しております。
本日はRedmineのユーザ登録方法とグループの追加について記載します。
多くのプロジェクトでは複数名で開発を行うことかと思いますので、こういった基本的なところは
しっかり押させておきましょう。

では参ります!

■ユーザの登録方法
まず、ユーザの登録方法です。
1.画面上部の「管理」を選択

img_03_20100930005452.jpg

2.「ユーザ」を選択

img_01_20101014011227.jpg

3.「新しいユーザ」を選択
img_02_20101014011227.jpg

4.ユーザ情報を入力します。
img_03_20101014011227.jpg

各ユーザの設定値は以下の通りです。
-----------------------------------
ログイン:(任意)←ログインで使用
名前 :(任意)
苗字 :(任意)
メールアドレス : (任意)
(※メールアドレスを使用しない場合は、「xxxxxxxxx@example.com」とでもしておきましょう)
言語:(使用する言語を選択)
管理者:チェック有無
パスワード:任意←ログインで使用
-----------------------------------
「登録」ボタンを押下。
連続でユーザを追加したい場合は「連続作成」ボタンを押下して、次のユーザの入力を実施してください。

■グループの登録方法
こちらは非常にシンプルです。

まず管理から、グループを選択した状態で、「新しいグループ」を選択します。


img_05_20101014015725.jpg

あとはお好きな名前を入力して、「作成」ボタンを追加でOKです。

img_06_20101014015725.jpg

グループ追加後はグループにユーザを登録しましょう。
1.グループ名を選択する。
img_01_20101016002313.jpg

2.ユーザタブを選択する
3.追加したいユーザにチェックを入れ、「追加」ボタンを押下します。
img_02_20101016002313.jpg

【グループの分け方について】
「同じ部署なんだけども、職務が異なる」というのは往々にしてあるものです。
同じ部署にコレだけの人がいるとします。
・管理者/リーダー/開発者/テスター

これを同じ部署といえど一つのグループまとめてしまうと、権限(ロール)の付与が個人単位になってしまうため
非常に面倒です。なので、グループは「部署」という括りよりは「立場」や「職務」で分けたほうが良いです。
また部署ごとで職務でも役職が異なる場合は「部署名-職務」というようにすると良いでしょう。後々の管理が楽になります。

簡単な例としまして下図のように各プロジェクトメンバーは以下のような役割を
担って開発を進めるものとした場合のグループは赤枠で囲ったように設定すると良いでしょう。

img_03_20101016002313.jpg

(ただし、あくまでも私の所見ですので、ここは各プロジェクトの特性に合わせると良いかと思います。)

以上で、ユーザの追加とグループの追加は終了です。
次回はプロジェクトの登録、設定について記載したいと思います。

1st PCがやっと復旧したのでRedmineの連載も再開です。
今後は更新頻度を上げていきたいと思います。

category: Redmine

2010/09/30 Thu. 02:09 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

[第5回]Redmineの基本設定(表示設定とヘルプの日本語化) 

[第5回]Redmineの基本設定(表示設定とヘルプの日本語化)

\(o ̄∇ ̄o)/ハーイ
今回も基本設定編の2回目です。

さて…どこから書こうかな (´ー`)y─┛~~
前回はシステムの日本語化の設定と「管理」⇒「設定」⇒「全般」でしたね。

今回のメニューは
・設定画面の「表示」タブ
・「ヘルプ」の日本語化について
書きたいと思います。

設定画面の他の項目は後で変更が可能ということと用途に応じて、設定すれば良いかと思いますので、
基本的なところを押さえて、プロジェクトの実際の運用について詳しく書いていきたいと思います。

では参ります!



1.設定画面の「表示」タブ
この画面はシステムの「日本語化」でも触れましたね。その時は「英語」でしたが。

img_01_20100930001938.jpg

■テーマ
Redmineのテーマを指定します。デフォルトでは「既定」「Alternate」「Classic」の三種類です。
設定を変更すると微妙にRedmineのレイアウトが"微妙"に変更されているかと思います。


※こちらのテーマはCSSを知っていれば自身で作成することで出来ますし、
他の方が作られたテンプレートを使用できます。
これらの作成方法や設定方法は近いうちに記載します。

■既定の言語
システムの言語設定です。日本人であれば「Japanese(日本語」でOKです。

■週の開始曜日
「「既定」の言語の設定に従う」「月曜日」「日曜日」の三種類から選べます。
お好みでどうぞ。

■日付の形式
「「既定」の言語の設定に従う」
「%Y-%m-%d (2010-09-30)」
「%d/%m/%Y (30/09/2010)」
「%d.%m.%Y (30.09.2010)」
「%d-%m-%Y (30-09-2010)」
「%m/%d/%Y (09/30/2010)」
「%d %b %Y (30 Sep 2010)」
「%d %B %Y (30 September 2010)」
「%b %d, %Y (Sep 30, 2010)」
「%B %d, %Y (September 30, 2010)」

私は慣れている「%Y-%m-%d (2010-09-30)」を選択することにします。

■時刻の形式
「「既定」の言語の設定に従う」
「%H:%M( 00:25 )」
「%I:%M %p( 12:25 AM)」
お好みでどうぞ。


■ユーザ名の表示書式
・苗字 名前
・名前 苗字
・ログインID
・名前のみ
・苗字, 名前

から選択可能です。こちらもお好みでどうぞ♪

■Gravatarのアイコンを使用する
チェックをすると「Gravatar」のアイコンが利用できます!
ちなみにGravatarとは?Blogで利用できるアバターで自分で好きな画像を設定することが可能です。

登録方法は以下の通りです。、
URL:http://ja.gravatar.com/

①「Gravatarに登録」をクリック
img_06_20100930005451.jpg

②「メールアドレス」を記載します。
img_10_20100930010225.jpg


③待っていると、入力したメールアドレスにメールが届くので
「http://ja.gravatar.com/accounts/activate/XXXXXXXXXXXXX/XXXXXXXXXXXX」というURLをクリックします。
すると以下が画面がブラウザに表示されます。

ここで
ユーザ名・パスワードを入力します。ユーザ名は他の人が利用した名称は利用できないため「チェック」ボタンで
「Avaiable」と表示されれば使用できます。

img_07_20100930005451.jpg

④「ここをクリックして画像を追加してください」を選択すると
・インターネットからとか、コンピュータ内等の指定がありますので、好きな内容で選択ください。
img_08_20100930005451.jpg

⑤お好きな画像を選択してください。(コンピュータの画像をアップする場合は↓)
img_09_20100930005507.jpg

⑥あとは待つのみ!(5~10分程度結構時間がかかります)

すると↓のように表示されるようになります。

img_12_20100930013142.jpg


■デフォルトのGravatarアイコン
自身が登録したGravatarアイコンを利用する場合は「なし」を設定する。
それ以外はデフォルトアイコンを指定することでアイコンが表示されます。

以上が表示タブの説明です。Gravatarが利用できるのはユニークですね♪




2.「ヘルプ」の日本語化について
あとはヘルプの日本語化ですね。通常は↓のようになります。

img_11_20100930012510.jpg

こちらは「http://redmine.jp/」のヘルプが表示されるように置き換えます。


$> $REDMINE_DIR/lib/redmine/info.rb
[root@sylphs redmine]# vi info.rb
module Redmine
module Info
class << self
def app_name; 'Redmine' end
def url; 'http://www.redmine.org/' end
def help_url; 'http://www.redmine.org/guide' end #←URLを「http://redmine.jp/guide/」へ変更
def versioned_name; "#{app_name} #{Redmine::VERSION}" end
# Creates the url string to a specific Redmine issue
def issue(issue_id)
url + 'issues/' + issue_id.to_s
end
end
end
end
:wq!
$> /etc/rc.d/init.d/httpd restart


img_13.jpg

これでRedmineの基本設定は完了です。

次回から運用編ということでユーザ・グループの追加とロールの設定について
記載したいと思います。

それでは~(・∀・)人( ̄ー ̄)人(´_ゝ`)ノ

category: Redmine

2010/09/30 Thu. 00:04 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

[第4回]Redmineの基本設定(管理者設定) 

[第4回]Redmineの基本設定(管理者設定)

ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ
はいっ!Redmineについて早くも4回目を迎えました!

今回はインストール後の基本設定について記載したいと思います!
そうですね~管理者の設定とトップページのカスタマイズまでいければ良いですかね。

ということで張り切って参ります!

1.システムの設定をしましょう!
.まずは、Redmineにアクセスし、「Sign in」を選択します
img_01_20100927231702.jpg

. Login:admin / Password:adminと入力して「Login >>」ボタンをクリックします。

img_03_20100927232443.jpg

ここで…いきなり↓のような画面が出て、「Oh~~(゚Д゚;)」となった場合も安心してください。
# そういう自分は「Oh~!」となりました(苦笑)

img_02_20100927232443.jpg

ログを見てしっかり対処しましょう。

$> vi $REDMINE_DIR/log/production.log
Parameters: {"back_url"=>"http%3A%2F%2F192.168.1.4%2Fredmine", "action"=>"login", "authenticity_token"=>"STKhZoAD/jFhZ68iK63rZxlmJ/b9RjlDYWUzIbx8RkM=", "username"=>"admin", "controller"=>"account", "password"=>"[FILTERED]", "login"=>"Login ≫"}

ActiveRecord::StatementInvalid (SQLite3::ReadOnlyException: attempt to write a readonly database: UPDATE "users" SET "last_login_on" = '2010-09-27 23:19:23', "updated_on" = '2010-09-27 23:19:23' WHERE "id" = 1):
app/models/user.rb:127:in `try_to_login'
app/controllers/account_controller.rb:147:in `password_authentication'
app/controllers/account_controller.rb:142:in `authenticate_user'
app/controllers/account_controller.rb:30:in `login'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/rack/request_handler.rb:92:in `process_request'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/abstract_request_handler.rb:207:in `main_loop'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/railz/application_spawner.rb:441:in `start_request_handler'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/railz/application_spawner.rb:381:in `handle_spawn_application'
~ 省略 ~
Rendering /home/redmine/public/500.html (500 Internal Server Error)



何が原因かわかりました?
原因は「SQLite3::ReadOnlyException」ですね。

とのことなので、dbの権限を修正します。


$> chmod 666 $REDMINE_DIR/db/redmine.db
$> /etc/rc.d/init.d/httpd restart


ということでもう一回チャレンジ!

. Login:admin / Password:adminと入力して「Login >>」ボタンをクリックします。
img_03_20100927232443.jpg


すると、こんな感じの画面に遷移します。

img_04_20100927233812.jpg


えっ?変わっていない?そんなことはございません。
ここ注目!

img_05_20100927233812.jpg

adminさんがRedmineにログインしました。


. Redmineの標準を日本語にしましょう
まず、「Administration」をクリックします。
img_06_20100927234341.jpg

すると以下のようにメニューが表示されます。





img_07_20100927234830.jpg









←次に「Setting」を選択します。


「Display」タブを選択します。
img_08.jpg

「Default Language」の「English」から「Japanese(日本語)」へ修正し、「Save」ボタンを押下します。
img_09.jpg

って、これで言語が切り替わるかと思いましたが、うっかりしておりました。
システムよりも先にユーザの言語設定が大切ですね。

ユーザの言語設定は以下の通りです。
. adminユーザも日本語にしましょう
1.↓の画像の「ユーザ名(admin)」をクリックします。
img_05_20100927233812.jpg

2.「Edit」をクリックします。
img_10.jpg
3.Languageを「English」⇒「Japanese(日本語)」に変更し「Save」ボタンを押下します。
img_11.jpg

これで、「日本語」になりました。(ちょっと親しみやすくなったのではないでしょうか?)
img_12.jpg


. adminユーザの初期設定をいろいろと変更しましょう。
※デフォルトのままでも良いのですが、管理者権限をそのままに放置しておくと、悪意のあるユーザに
書き換えられたり、他意はないにしろ、折角の設定を削除されてしまうことがあります。
日本語にしたタイミングで修正しちゃいましょう。








ログイン:ログインアカウント
名前:管理者の名前
苗字:管理者の苗字
メールアドレス:管理者のメールアドレス
言語:Japanese(日本語)
パスワード:******
パスワードの確認:******


上記を設定し、「保存」ボタンを押下することで、ユーザの設定が変更となりました。
もしRedmineと同じサーバー上でメールサーバー(SMTP)が構築され、尚且つ、
メールアドレスの設定も行っている場合、
================================================
redmine@example.net

アカウント情報:
ログイン: (ログインで入力した名前)
パスワード: (パスワードで入力した名称)
ログイン: http://localhost:3000/redmine/login
================================================
というメールが飛んできます!(おおっ、こうやってシステムが自動的にメールをくれるんですね。便利!)
※仕事ではメール機能は無効にしております。何故かというと、お客様のネットワーク越しでメールサーバー立てるなんて…コンプライアンス上流石にやっちゃ不味そうなので…

. システム設定をいろいろと変更しましょう。
今度は日本語で記載します。
画面左上の「管理」⇒「設定」⇒「全般」タブを選択します。
img_13.png


そして私も自分の家に構築したRedmineのトップページを作ってみました♪
↓こんな感じです。

img_14.jpg

すみません、ちょっと遊んでしまいました。。。
でもトップページをカスタマイズすることで素っ気無いプロジェクト管理ツールよりも愛着が沸きますので良いかもしれませんね。

さて、管理者の設定とトップページのカスタマイズが完了しましたのでので
本日はここまで!

次回は基本的な「設定」のところをもうちょっと説明し、ユーザ/グループの追加の方法まで説明したいと思います。

それではまたね!(*^ー゚)/~~

category: Redmine

2010/09/28 Tue. 00:16 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。