J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

Ubuntu 10.10にMozc(ibus)を導入する。 

はいっ!こんばんは。

何だか久々かと思ったら、あらら、10日以上も放置しておりました。
すみません(=_=)
自分不器用なもので・・・


さて、本日からUbuntuネタです。
というもの、先日、大掃除と題して!!
(本当は自分がプラグイン開発しているchromeが強制終了後、摩訶不思議なエラーerror=7がでて、
再インストールできなくなったから泣く泣くなんですが)
Windows機をUbuntuとWindowsのDual Bootに対応させたのですっ!(タダでは転びません!)

ということで、現在はWindows OSは特殊なことが無い限り、立ち上げなくなりました。
ext4と軽量Linuxのおかげで機動も高速!処理もサクサク。ツールはパッケージマネジャーで楽々インストール。
やみつきです(笑)


んで、本日はそんなUbuntuさんの言語入力システム(Anthy)をもうちょっと使いやすくするように
Googleの日本語入力(Mozc[呼び名:モズク])にします。

※WindowsでもGoogle日本語入力というものがありますが、それのLinux版です。
ただし、Google日本語入力のほうが現時点でははるかに高性能だそうです。


では、参ります!

1.パッケージマネジャーを起動します!
[システム]→[システム管理]→[Synapticパッケージ・マネジャー]
2.「検索」欄にMozcと入力
3. 以下にチェックをつける。(図1)
4. 適応する。


img01.png


これだけ(笑)


5.再起動する
6.キーボードの設定
[システム]→[設定]→[キーボードインプット・メソッド]

7.インプットメソッドタブを選択する
8.インプットメソッドの選択→日本語→Mozc→追加
9.Mozcを選択して、「上へ」ボタンを押下する。(図2)
img02.png

10.画面右上の「キーボード」マークをクリックする。
日本語-Mozcとすると設定完了です。

設定が完了すると・・・候補文字列がサジェスト形式で表示されるようになります。
ちょっと便利になりましたw


では本日はここまで!

最後にChormeのプラグインについてもDonwloadしてくださった方ありがとうございます。
そして、不具合報告ありがとうございます。こちらは修正済みです。(さっきまで修正しておりました)

とにかく、「かゆいところに手が届く」「妄想を本物にする」ソフトウェアを開発していくんで、
今後ともよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

category: Linux

2010/12/28 Tue. 01:11 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://htrmine.blog52.fc2.com/tb.php/24-4609afef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。