J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

Ubuntu10.10 Thunderbird 3.1.7でGMailを受信する。 

はい、みなさんいかがお過ごしでしょう?茅原です。

img_010.png


スマートフォン(Android携帯)の普及により、
GMailを使用される方も増えたのではないかと思います。
なので、本日はGMailを便利に活用する方法のひとつとして、
メールソフトで受信する方法を紹介したいと思います。

今回はUbuntu10.10 + Thunderbird 3.1.7で設定いたします。
Thunderbirdを選択した理由としてはWindowsでも設定方法を参考にできるかと
思ったためです(多彩なアドオンやテーマ、高速な検索やフィルタも魅力です)


早速GMailの設定から実施します。
では、参ります。


1.ブラウザからGMailのトップページを表示し、画面右上の「設定」リンクをクリックします。
2.設定画面にて「メール転送とPOP/IMAP」を設定します。

img_002_20110113010530.png

3.以下の図のようにPOPとIMAPを有効にチェックをし、変更を保存をクリックします。

img_003_20110113005059.png


GMailの設定は以上です。

次に、Thunderbirdをインストールしましょう。

1.Thunderbirdを導入します。
[システム]→[システム管理]→[synapticパッケージ・マネージャ]を起動します。
検索に「Thunderbird」と入力し、検索結果からThunderbird本体を選択します。

img_001_20110113005059.png


2. Thunderbirdを起動します(アプリケーション-インターネットに追加されております)
3.以下のように入力します。
 ・Your Name:任意の名前
・Email address : GMailのアドレス
 ・Password : GMailへログインするためのパスワード

img_004_20110113005059.png

4.「Create Account」をクリックします。
img_005_20110113005059.png

5.Emailにチェック(NewsやFeedは使用用途に応じてチェック)
img_006_20110113005059.png

6.GMailの内容がメーラーに表示されたら成功です。
img_007_20110113010051.png

もし、英語表記よりも日本語が良い場合、日本語のパッケージもいれておきましょう。
[システム]→[システム管理]→[synapticパッケージ・マネージャ]を起動します。

img_008.png

再度、Thunderbirdを起動しなおすと、日本語にて表示されます。


最近はWebメールが主流でメーラーを利用することが少なくなっているかもしれません。
しかし、メーラーはオフライン時でもメールが読めるというメリットもあり、メーラーならではのアドオンを
導入することでメールが快適にできるかと思います。

上手く使い分けできると、仕事もプライベートでも作業効率が非常に早くなるかと思います。

Ubuntuの標準のEvolutionメールについても今後、記載したいと思います。
では本日はこのへんで。

よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

category: Linux

2011/01/13 Thu. 01:23 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://htrmine.blog52.fc2.com/tb.php/28-31ceb1aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。