J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

LinuxへTightVNCを入れる 

携帯電話でLinuxを操作する(TightVNC編)

本日のお題は携帯からLinuxを操作してみるです!
携帯電話からLinuxへsshで接続する方法もありますが、
コマンドをクリップボード管理ソフトにでも登録しておかないと
正直、操作が大変だったのでGUIで出来るかチャレンジです。

ではLet's GO!

?サーバーへTightVNCをインストールする。(ソースを取得します。)
パッケージのダウンロード:http://www.tightvnc.com/

■画面左側の「Download (v1.3)」を選択する
20100922_001

■Unix / Linuxから[Bzip or Gzip]を選ぶ(私はtar.gzを選択しました。)
20100922_002

1.パッケージを展開する

>$ tar zxvf tightvnc-1.3.10_unixsrc.tar.tar # ←vnc_unixsrcが作成されます。

※以下vnc_unixsrcの上位のディレクトリは$BASE_DIRとする。

2.ソースをコンパイルする

>$ cd $BASE_DIR/vnc_unixsrc
>$ cd ./Xvnc
>$ ./configure


Oh…いきなり、失敗「xmkmf」がないとご立腹のようです。
怒りをお納めいただくため、xmkmfを入れます。


>$ apt-get install xmkmf

xmkmfのインストールはできたので、
気を取り直して


>$ cd $BASE_DIR/vnc_unixsrc
>$ cd ./Xvnc
>$ ./configure
>$ make


そして、libvncauthのmakeに見事に失敗。
う~ん、面倒くさいですな。

調べてみると「xorg-x11-devel」が必要とのことなので

>$ apt-get install xorg-x11-devel

でxorg-x11-develを導入する。
これでもういちどmakeすると上手くいきました。

3.インストールする

>$ ./vncinstall /usr/local/bin /usr/local/man


/usr/local/manと/usr/local/man1がございませんがなにか?
と怒れたので

>$ mkdir /usr/local/man
>$ mkdir /usr/local/man/man1


そして、もう一回!

>$ ./vncinstall /usr/local/bin /usr/local/man


できました♪

4.サーバーを起動してました。

>$ ./vncserver :10

Couldn't start Xvnc; trying default font path.
...
Couldn't open RGB_DB '/usr/X11R6/lib/X11/rgb'
ってな具合に起動しない(w_-; ウゥ・・

おとなしくRealVncにすればよかったと後悔

Fontサーバーとrgb.txtが無いとのことですので・・・

【Fontサーバー】
>$apt-get install xfs # ←Fontサーバーをインストール
>$/etc/rc.d/init.d/xfs -daemon
>$/etc/rc.d/init.d/xfs start # Fontサーバーを起動

【RGBはPathを合わせる。】
>$mkdir /usr/X11R6/lib
>$ln -s /usr/share/X11 /usr/X11R6/lib


あとは、、、ウィンドウマネジャーにtwmを利用
>$apt-get install twm

これで
>$ ./vncserver :10
すと…

おおっ!起動した。

早速、クライアントにVnc Viewerを入れてパスワードを入力
確か初回でサーバーあげたときに、パスワードの設定があるかと思いますので、そこで設定したパスワードを入力してください。

img_04_20100923002352.jpg




起動すると↓のような感じになります。



※起動時はターミナルしか上がっていないので、firefoxを起動したの状態のものです。
レスポンスはなかなかですね。

■ブラウザを起動させてみる。

>$ tcsh
>$ setenv DISPLAY :10
>$ firefox



img_03.jpg


では、これを携帯でアクセスしてみましょう!


試験端末はX06HT(Desire)さん…生産が追いつかなくて販売中止になった子です。
使用ソフトはAndroid-VNCとRemote VNC Adの2つです。

設定はどちらも同じですね。

IPとポートとパスワードを入れるだけです~。
※他のカメラで携帯のキャプチャとるのもなんなので、画像は乗せません。


ポートは59xxですかね?
xxはDisplay番号、一度PCでVNC接続したときにPortは何でアクセスされているか確認したほうが
良いかもしれませんね。


ということで、Linuxとアクセスできることを確認して、おしまい。
スポンサーサイト

category: Linux

2010/09/22 Wed. 01:34 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://htrmine.blog52.fc2.com/tb.php/3-236b0e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。