J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

Ubuntu11.04に全文検索サーバーを構築する(Fess) 

ども♪茅原です。
本日も張り切ってLinuxを戯れたいと思います。

本日は全文検索サーバーをUbuntuに導入してみたいと思います。

■全文検索とは?
・複数のファイルから文字を検索することです。
サーバーに大量にファイルが保管されており、大量のファイルから目的のファイルを探すために
  用いられたりします。
有名なサーバーソフトでいれば、namazuなんかが有名です。

■Fessとは?
「5 分で簡単に構築可能な全文検索サーバー」として紹介されている。全文検索システムです。

ということで、とにかく導入が簡単らしいということで、Ubuntu11.04に実際にインストールしてみたいと思います。
では参ります!

【材料】
Ubuntu 11.04
Apache2:2.2.17
openjdk-6-jre(入っていない場合は、Ubuntuのパッケージマネジャーあたりからインストールしてみてください)
 

1.パッケージをダウンロード(こちら

img_001_20110809004722.png


2.rootユーザになっておく。
>sudo su

2.適当な場所に展開する。(私は/usr/local/fessにしました)
>unzip fess-server-4.1.0.zip

3.シェルに実行権限を付与する。
>cd fess-server-4.1.0/
>chmod +x bin/*.sh

4.JREのパスを設定する
export JRE_HOME="/usr/lib/jvm/java-6-openjdk"

5.実行する
>./bin/startup.sh
Using CATALINA_BASE: /usr/local/fess/fess-server-4.1.0
Using CATALINA_HOME: /usr/local/fess/fess-server-4.1.0
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/fess/fess-server-4.1.0/temp
Using JRE_HOME: /usr//lib/jvm/java-6-openjdk
Using CLASSPATH: /usr/local/fess/fess-server-4.1.0/bin/bootstrap.jar

5.試してみる。
んっ?これで動いたの?(http://localhost:8080/fess/にアクセスする)

img_002_20110809004722.png



・・・ありゃ・・・ダメだ・・・

ログを見ると・・・

>vi logs/catalina.out
Unrecognized VM option '+UseCompressedStrings'
Could not create the Java virtual machine.

むむっ?VMオプションが認識されない?

(ここから、1時間程度悩む…作者さんのリリースノートを見ると、4.1.0はちょっと前された模様。UseCompressedStrings対応はバグとして修正されておりました。ってことは最新Ver.では対処されていそう…)


とOpenJDKの最新バージョンをとろうと思いましたが、Ubuntuのパッケージライブラリにはまだ入っていないので、
管理が煩雑になるのを避けるために、前のバージョンを利用することにしました。


5.パッケージをダウンロード(こちら
からリリース一覧を選択し、4.0.0をダウンロードする。

6.unzipとchmodで権限を付与し、JRE_HOMEを上記と同じように設定する。

7.再度チャレンジ!


img_003_20110809004722.png


おおっ!出た出た♪
時間がある時にでも、クローラーも走らせてみよう。

ということでサーバーの構築が5分でできたか?という確認から本記事をスタートさせていただきましたが
結果としては導入までに2時間程度かかってしました(^-^;)
私自身がLinuxerとして未熟であったり、OSにインストールされたJDKとソフトの相性でワケワカメになっていたりすることを考えると、インストール自体はするだけなので、もうちょっとスマートにいけたかと思います。

ただし、上記のJRE_HOMEのパスの設定だけは、パッケージに一緒に入っているRUNNING.txt(英語)を
読まないと正しく動作しないので、ここだけは要注意ですね。多分知らないと普通にハマります。

追伸:Fessサーバーを仕事で使っているLinuxにインストールして作業の効率化をしようと合間の時間で構築しているのですが、クローラーが上手く動いてくれません。古いディストリビューションにサーバーを構築しようとした時が腕の見せどころですよね~。。。(Ubuntsだったら上手く動くかな?時間がある時に試してみたいと思います)

それでは、次回の記事でお会いしましょう♪

スポンサーサイト

category: Linux

2011/08/08 Mon. 23:57 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/12/10 Wed. 14:49 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://htrmine.blog52.fc2.com/tb.php/37-d2b68d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。