J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

[第4回]Redmineの基本設定(管理者設定) 

[第4回]Redmineの基本設定(管理者設定)

ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ
はいっ!Redmineについて早くも4回目を迎えました!

今回はインストール後の基本設定について記載したいと思います!
そうですね~管理者の設定とトップページのカスタマイズまでいければ良いですかね。

ということで張り切って参ります!

1.システムの設定をしましょう!
.まずは、Redmineにアクセスし、「Sign in」を選択します
img_01_20100927231702.jpg

. Login:admin / Password:adminと入力して「Login >>」ボタンをクリックします。

img_03_20100927232443.jpg

ここで…いきなり↓のような画面が出て、「Oh~~(゚Д゚;)」となった場合も安心してください。
# そういう自分は「Oh~!」となりました(苦笑)

img_02_20100927232443.jpg

ログを見てしっかり対処しましょう。

$> vi $REDMINE_DIR/log/production.log
Parameters: {"back_url"=>"http%3A%2F%2F192.168.1.4%2Fredmine", "action"=>"login", "authenticity_token"=>"STKhZoAD/jFhZ68iK63rZxlmJ/b9RjlDYWUzIbx8RkM=", "username"=>"admin", "controller"=>"account", "password"=>"[FILTERED]", "login"=>"Login ≫"}

ActiveRecord::StatementInvalid (SQLite3::ReadOnlyException: attempt to write a readonly database: UPDATE "users" SET "last_login_on" = '2010-09-27 23:19:23', "updated_on" = '2010-09-27 23:19:23' WHERE "id" = 1):
app/models/user.rb:127:in `try_to_login'
app/controllers/account_controller.rb:147:in `password_authentication'
app/controllers/account_controller.rb:142:in `authenticate_user'
app/controllers/account_controller.rb:30:in `login'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/rack/request_handler.rb:92:in `process_request'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/abstract_request_handler.rb:207:in `main_loop'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/railz/application_spawner.rb:441:in `start_request_handler'
passenger (2.2.15) lib/phusion_passenger/railz/application_spawner.rb:381:in `handle_spawn_application'
~ 省略 ~
Rendering /home/redmine/public/500.html (500 Internal Server Error)



何が原因かわかりました?
原因は「SQLite3::ReadOnlyException」ですね。

とのことなので、dbの権限を修正します。


$> chmod 666 $REDMINE_DIR/db/redmine.db
$> /etc/rc.d/init.d/httpd restart


ということでもう一回チャレンジ!

. Login:admin / Password:adminと入力して「Login >>」ボタンをクリックします。
img_03_20100927232443.jpg


すると、こんな感じの画面に遷移します。

img_04_20100927233812.jpg


えっ?変わっていない?そんなことはございません。
ここ注目!

img_05_20100927233812.jpg

adminさんがRedmineにログインしました。


. Redmineの標準を日本語にしましょう
まず、「Administration」をクリックします。
img_06_20100927234341.jpg

すると以下のようにメニューが表示されます。





img_07_20100927234830.jpg









←次に「Setting」を選択します。


「Display」タブを選択します。
img_08.jpg

「Default Language」の「English」から「Japanese(日本語)」へ修正し、「Save」ボタンを押下します。
img_09.jpg

って、これで言語が切り替わるかと思いましたが、うっかりしておりました。
システムよりも先にユーザの言語設定が大切ですね。

ユーザの言語設定は以下の通りです。
. adminユーザも日本語にしましょう
1.↓の画像の「ユーザ名(admin)」をクリックします。
img_05_20100927233812.jpg

2.「Edit」をクリックします。
img_10.jpg
3.Languageを「English」⇒「Japanese(日本語)」に変更し「Save」ボタンを押下します。
img_11.jpg

これで、「日本語」になりました。(ちょっと親しみやすくなったのではないでしょうか?)
img_12.jpg


. adminユーザの初期設定をいろいろと変更しましょう。
※デフォルトのままでも良いのですが、管理者権限をそのままに放置しておくと、悪意のあるユーザに
書き換えられたり、他意はないにしろ、折角の設定を削除されてしまうことがあります。
日本語にしたタイミングで修正しちゃいましょう。








ログイン:ログインアカウント
名前:管理者の名前
苗字:管理者の苗字
メールアドレス:管理者のメールアドレス
言語:Japanese(日本語)
パスワード:******
パスワードの確認:******


上記を設定し、「保存」ボタンを押下することで、ユーザの設定が変更となりました。
もしRedmineと同じサーバー上でメールサーバー(SMTP)が構築され、尚且つ、
メールアドレスの設定も行っている場合、
================================================
redmine@example.net

アカウント情報:
ログイン: (ログインで入力した名前)
パスワード: (パスワードで入力した名称)
ログイン: http://localhost:3000/redmine/login
================================================
というメールが飛んできます!(おおっ、こうやってシステムが自動的にメールをくれるんですね。便利!)
※仕事ではメール機能は無効にしております。何故かというと、お客様のネットワーク越しでメールサーバー立てるなんて…コンプライアンス上流石にやっちゃ不味そうなので…

. システム設定をいろいろと変更しましょう。
今度は日本語で記載します。
画面左上の「管理」⇒「設定」⇒「全般」タブを選択します。
img_13.png


そして私も自分の家に構築したRedmineのトップページを作ってみました♪
↓こんな感じです。

img_14.jpg

すみません、ちょっと遊んでしまいました。。。
でもトップページをカスタマイズすることで素っ気無いプロジェクト管理ツールよりも愛着が沸きますので良いかもしれませんね。

さて、管理者の設定とトップページのカスタマイズが完了しましたのでので
本日はここまで!

次回は基本的な「設定」のところをもうちょっと説明し、ユーザ/グループの追加の方法まで説明したいと思います。

それではまたね!(*^ー゚)/~~

スポンサーサイト

category: Redmine

2010/09/28 Tue. 00:16 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://htrmine.blog52.fc2.com/tb.php/6-251d58f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。