J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

Ubuntu11.04のUnityを触ってみる! 

はいっ!茅原です。
久々のBlog更新でございますm(_ _)m

今回は4/28に正式公開されたUbuntu11.04について記載したいと思います。

img001.png

まずは上記をご覧ください。

画像をみても何も表示されていないのでは?と思われているかと思います。
そうです。ソフト自身は何も起動しておりません!ただのデスクトップ画面です(笑)

今回の11.04で大きく変更になったのはこのデスクトップシステムで、GNOMEからUnityへ変更となりました。
これは、Linuxにとっては非常に事件で、今後、このUnityが他のディストリビューションにも採用されるかポイントになるかと思われます。使用感についてはユーザによって賛否両論があるかと思います。

そんな賛否両論の中で私もちょこっと使ってみましたので、レビューの結果を記載したいと思います。

【アプリケーションの開始・再開】
左側の「Launcher」をクリックする。





img004.png

■Launcherへの登録
デフォルトで表示されていないアプリケーションについては、一度はアプリケーションを起動します。
アプリケーションの起動にはいくつかありますが、
・Launcher→アプリケーション
 ・コマンドライン
起動後、Launcherにて開かれたアイコンを右クリックで「ランチャーに常に表示」を選択します。

■Launcherの表示方法の変更について
現状、Launcherの表示方法についても2種類ございます。

[設定方法]
Launcher→アプリケーション→インストール済みアプリ→さらにXX件の結果を見る→システム設定→ランチャー&メニュー
1.画面の左側を押した時
2.画面の左上隅に触れた時

■ショートカット
1.アプリケーションの起動と復帰
「Superキー」(※Windowsであれば、Windowsキー)を長押しすると、
Launcherに番号が表示されますので、番号を押下すると起動・及びアプリケーションの復帰が行われます。

2。すべてを最小化
「Superキー」+D

3。(ついでに)よく使うショートカットさん
おなじみですが、
 Alt + Tab:ウィンドウを切り替えられます。
 Alt + Shift + Tab:ワークスペースすべてのアプリケーションを対象に切り替えることができます。
 Ctl + Alt + カーソルキー:ワークスペースを移動します。




【便利ッス!】
同じアプリケーションが複数開かれている状態でLauncherから復帰すると、アプリケーション単位で
選択項目が表示されます。Alt + Tabで切り替えると他のアプリケーションの一緒に選択対象となるため、
こういった細かなところは嬉しい限りです。

なので、
Windowsキー + 数値(アプリケーション番号) → カーソルキーでウィンドウをアクティブ!

という感じの操作感になりますね。

【ワークスペースの移動】
GNOMEのときは、画面下部(※表示位置カスタマイズ可能)にありましたが
今回からLauncherに追加されております。

img003.png

【画面のカスタマイズ】
個人的にちょっと残念かと思ったのが、デスクトップからシステム系に遷移できないのは残念です。
とはいっても、折角導入したUbuntuにデスクトップシステム!カスタマイズしていきましょう!

1.システム設定の表示
Launcher→アプリケーション→インストール済みアプリ→さらにXX件の結果を見る→システム設定

img_05_20110501011036.png

2.「外観の設定」を選択する。
あとは見慣れた画面なので、ここから好みの外観に編集してみてください。

【表示ウィンドウのオートリサイズ】
使ってみて便利だな~と思った機能として、ウィンドウのオートリサイズ機能です。
Windows 7等では実装されておりますね。
ウィンドウを左右へドラッグアンドドロップをするとウィンドウ上に、リサイズ領域を示す線が表示され、
ウィンドウは表示された線に沿ってリライズされます。

・リサイズの実行タイミング
ウィンドウが画面左側、右側、上部に触れているタイミング
ウィンドウサイズの40%程度が触れたときに動作する模様。

左側:左側半分のサイズとしてリサイズ
右側:右側半分のサイズとしてリサイズ
上側:全画面のサイズとしてリサイズ


-- 以上 --
えっと、Unityについて基本的ところを使ってみた感じだと↑のような感じです。
もうちょっと、視覚効果やワークスペースの数等はUnity用のツール「CompizConfig 設定マネージャ」がございまう。
Super + A で ccsmと検索導入することで詳細な設定が可能(とのことです・・・)
私の環境で早速導入して視覚効果を有効にすると、ちょっと動作がおかしくなってしまったので、
ccsmのレビューは機会があったらしたいと思います。


えぇ~個人的な総評ですが、「嫌いじゃないです。」という感じです。
というものWindowsを利用してた時もそうですが、私の場合はデスクトップ環境をあまり弄ることをしないので、ほぼデフォルトなので、GNOMEでもUnityでもそこまで不便さを感じませんでした。

ただ、今回のレビューでもccsmにて視覚効果有効時に挙動不審になったり、ウィンドウが黒塗り状態となってしまったり(リサイズで復旧)といくつか不具合動作を見受けられます。こちらについて「だからGNOMEのほうが・・・」という結果には落ち着きませんでした。

新しいソフトウェアにはそれそういうの不具合が存在するかと思いますし、
そうした不具合が収束することで次世代のソフトして定着すると思います。
これはどんなソフトでも同じですね(Windowsのブルーバッグやレッドバックが懐かしい 笑)

今後もUbuntuを応援したいと思います。
ではでは!


あっ、再度にデスクトップとは関係ありませんが、
Googleの文字入力システムMozc(モズク)のアイコンが変わっておりました。
可愛くなって嬉しいです。

category: Linux

2011/04/30 Sat. 23:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

Ubuntu10.10 EvolutionでGMailを受信する。 

こんばんは、茅原です。

さて、前回に引き続きGMailをメーラーで受信する設定手順を記載します。
今回はUbuntu10.10標準メーラーであるEvolutionでGMailを受信する方法です。

【GMailの設定】
前回の記事を参照

【Evolutionの設定】

1.「進む」ボタンを押下する。
img_001_20110129015718.png

2.「進む」ボタンを押下する。(GMailなので、初回はバックアップもWeb上にあるかと思います。)
img_002_20110129015718.png

3. 「氏名」任意の名称。E・メール・アドレスにはGMail(xxxxx@gmail.com)と入力しましょう。
img_003_20110129020845.png

4.ユーザ名にはGMailへログインするときのユーザアカウントを設定
img_004_20110129020845.png

5.デフォルト設定と好みの設定でチェックを行い「進む」ボタンを押下する。
img_005_20110129020845.png

6.smtpにはstmp.gmail.comと設定、ユーザ名も手順5と同様にGMailへのログインアカウントを設定
img_006_20110129020845.png

7.わかり易い名称を設定(私はシンプルにGMailとしました)
img_007_20110129020845.png

8.ログインするためのパスワードを入力
img_008_20110129020845.png

9.メールが受信されれば成功です。おめでとうございます。
img_009.png

いかがでしたか?前回はThunderbirdでしたが、基本は一緒ですね。
折角Linuxにしたんだし、Windowsで使用していたのとは異なるメーラーを使いたいという方は
是非とも試してみてはいかがでしょう?

他にも自分が知っているメーラーですと「Sylpheed」とかありますね。Becky!の使い勝手と軽量さを持ち合わせた素敵なメーラーかと思います。時間がある時にでもこちらでの導入方法も記載したいと思います。

それではまた。

category: Linux

2011/01/29 Sat. 02:18 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

Ubuntu10.10 Thunderbird 3.1.7でGMailを受信する。 

はい、みなさんいかがお過ごしでしょう?茅原です。

img_010.png


スマートフォン(Android携帯)の普及により、
GMailを使用される方も増えたのではないかと思います。
なので、本日はGMailを便利に活用する方法のひとつとして、
メールソフトで受信する方法を紹介したいと思います。

今回はUbuntu10.10 + Thunderbird 3.1.7で設定いたします。
Thunderbirdを選択した理由としてはWindowsでも設定方法を参考にできるかと
思ったためです(多彩なアドオンやテーマ、高速な検索やフィルタも魅力です)


早速GMailの設定から実施します。
では、参ります。


1.ブラウザからGMailのトップページを表示し、画面右上の「設定」リンクをクリックします。
2.設定画面にて「メール転送とPOP/IMAP」を設定します。

img_002_20110113010530.png

3.以下の図のようにPOPとIMAPを有効にチェックをし、変更を保存をクリックします。

img_003_20110113005059.png


GMailの設定は以上です。

次に、Thunderbirdをインストールしましょう。

1.Thunderbirdを導入します。
[システム]→[システム管理]→[synapticパッケージ・マネージャ]を起動します。
検索に「Thunderbird」と入力し、検索結果からThunderbird本体を選択します。

img_001_20110113005059.png


2. Thunderbirdを起動します(アプリケーション-インターネットに追加されております)
3.以下のように入力します。
 ・Your Name:任意の名前
・Email address : GMailのアドレス
 ・Password : GMailへログインするためのパスワード

img_004_20110113005059.png

4.「Create Account」をクリックします。
img_005_20110113005059.png

5.Emailにチェック(NewsやFeedは使用用途に応じてチェック)
img_006_20110113005059.png

6.GMailの内容がメーラーに表示されたら成功です。
img_007_20110113010051.png

もし、英語表記よりも日本語が良い場合、日本語のパッケージもいれておきましょう。
[システム]→[システム管理]→[synapticパッケージ・マネージャ]を起動します。

img_008.png

再度、Thunderbirdを起動しなおすと、日本語にて表示されます。


最近はWebメールが主流でメーラーを利用することが少なくなっているかもしれません。
しかし、メーラーはオフライン時でもメールが読めるというメリットもあり、メーラーならではのアドオンを
導入することでメールが快適にできるかと思います。

上手く使い分けできると、仕事もプライベートでも作業効率が非常に早くなるかと思います。

Ubuntuの標準のEvolutionメールについても今後、記載したいと思います。
では本日はこのへんで。

よろしくお願いいたします。

category: Linux

2011/01/13 Thu. 01:23 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

Ubuntu10.10 GNOMEコマンドラインで画面キャプチャする。 

ども、茅原です。
本日2回目。こっちも小ネタです。

Ubuntu10.10でアクティブになっているウィンドウを
スクリーンショットしようと思い、Helpに記載されている

「Alt + Print Screen Sys Rq」をしても、うまくできなかったので(あれっ?不具合?)
→キーバインドいじっていないので…理由は不明です。

コマンドラインからキャプチャする方法を記載します。

Help見れば分かりますが、ちょっとだけハマったので念のため。

【コマンド】
☆すべてをキャプチャする場合。
$> gnome-screenshot

☆アクティブなウィンドウをキャプチャする場合。
$> gnome-screenshot --window --delay=[秒]

【短縮】
$> gnome-screenshot -w -d [秒]

ここでポイントなのが、--delay=[秒]です。このオプションがないと、
アクティブなウィンドウ(つまり、コマンドを記載しているコンソールがキャプチャされてしまいます)

なので、遅延オプションにて、時間を設定→キャプチャしたいウィンドウをアクティブにする

という手順を踏む必要があります。

【お得な小技】
キャプチャしたい箇所を自分で指定して、保存する。
$> gnome-screenshot --area
・マウスが「+」になる。
・キャプチャしたい箇所でドラッグアンドドロップ!


※Windowsであれば、ツールを使わなければ、「キャプチャ→ペインター→保存」です、
Ubuntuだとそのままできちゃうんですね~。

Blog書くときは重宝しますね。
多分この機能はgnome(グノーム)の機能なので、Ubuntuだけではなく、他のLinuxでも使えるんでしょうね~。KDE使用していたら、また別ですが・・・

category: Linux

2011/01/03 Mon. 22:30 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

Ubuntu10.10にZumoDriveを導入する。 

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年一発目の記事です。
本日はちょっと開発の気分転換に自宅PCへZumoDriveを導入しましたのでメモします。

ZumoDriveとは?

説明を書くと長くなりますので、
一言。

「インターネット上で利用できるハードディスクみたいなもの!」

です。以上(笑)


ということでゆるーく、インストール方法を記載します。

1.パッケージをダウンロードする。(Download Nowを選択)
http://www.zumodrive.com/download
img_001.png



2.使用しているディストリビューションを選択
img_002.png

3.ダウンロード後debのパッケージを選択する。
ソフトウェアセンターよりインストールを選択

img_003.png


4.しばらく待つとインストール完了!

5.アプリケーション→インターネット→ZumoDriveを選択する。
登録 or サインアップを行う。
img_004.png

※今回は「登録」の手順を記載

6.メールアドレス、パスワード、任意のホスト名を入力する。

img_005.png

7.リンクされるディレクトリが表示されますが、必要に応じて設定し「次へ」
img_006.png


8.以上でセットアップは完了です。
フォルダにZumoDriveが追加されたことがわかるかと思います。
img_007.png


お疲れ樣でした。


さて、あとはLinuxerとしてのつぶやき。
Linux管理者をしていると、基本的にはサーバーの運用を行う方も
いらっしゃるかと思います。

そのなかで同様のストレージサービスをFTPやWebDEV等で構築し、
出先からでも自宅のサーバー経由でファイルにアクセスできるようしているのではないでしょうか?
また、最近ではルーター→HDDというようにそのまま外部ストレージにアクセスできるようにする
ことも可能ですのですので、このサービスの良さがいまいち伝わらないかもしれません。

なので、ちょっとだけ利点を列挙

・管理しなくてもOK
・電気代がかからない(通常24時間サーバーを可動させていると~1000円程度/月でかかってしまいます)
・音楽機能が搭載(Android携帯等からダイレクトに聞ける)
・自宅の回線のネットワークを使用しないため、そこそこ早い。

そして、これを応用すると(案)
 ・BIOSの設定である一定時間になると自動的にPCが起動するようにする。
 ・起動時に何らかの処理を行い→ZumoDriveへ転送→サーバー機をシャットダウン
 ・出先でスマートフォン経由でZumoDriveへアクセス
・欲しいデータが見れる

LinuxだけでなくWindowsやスマートフォンでも使えることが肝なので、
上手く利用すると非常に便利なツールかと思います。


皆様、お試しあれ。

category: Linux

2011/01/03 Mon. 22:02 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。