J-Linuxer

仕事や趣味で覚えた技術の覚書とエンジニアの心を叫びを不定期で更新します。 (最近・・・物忘れが酷くて・・・)

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

Ubuntu11.04でApache2とTomcatを連携する(aipo編) 

お久しぶりですっ!茅原です。
本職が忙しくなって仕事に忙殺されておりました。

最近読んだ書籍にも「仕事が忙しい人で大成した人はいない」という言葉を目にしました。
確かに、大成する人は自身を大切にし、なおかつ、自分自身へ投資していますよね。

Σ(゚д゚lll).。oO(...考えても見ると、仕事ができる人は残業して、できない人は定時であがる。でもできない人はそこで努力する訳ではないから、その差は一生埋まらない。。。。こんなことで大丈夫か?IT業界!?)

とか思います。すみません、ちょっとヤサグレております。

ということで、本日はUbuntu11.04にインストールしたApache2とグループウェア(aipo)をApatche tomcat連携するように設定します。

こちらを参考にさせて頂いたのですが、ちょっと癖があったので、備忘録として記載しておきます。

【レシピ】
Apache2:2.2.17
Tomcat :6.0.32(aipo 6.0.1.0 導入時に一緒にインストールされたものを利用します)

■折角なので・・・バージョンの見方
・Apache2
$> sudo /usr/sbin/apache2ctl -version
・aipo(tomcat)
$> $AIPO_HOME/tomcat/bin/catalina.sh version

■とりあえず…aipoってなに?
「グループウェア」ってご存知でしょうか?みんなで使える社内サイトみたいなものです。
aipoというのは数あるグループウェアでのフリーで利用することが可能なソフトです。
↓がイメージです。


Screenshot-Aipo - Chromium


とりあえず、自分のTODO管理をメモ帳やOutlookで実践している方(私もそうですが。。。)少し楽になるかな?
何よりもグループで使えば、他の人の予定もわかりますよね。興味を持った方は自身でインストールしてみてください。

■Aipo(Tomcat)の設定
$AIPO_HOME/tomcat/conf/server.xml 70行目


<connector port="81" protocol="HTTP/1.1" connectiontimeout="20000"></connector>

をてコメントアウトする。


<!-- Define an AJP 1.3 Connector on port 8009 -->
<!-- <Connector port="8009" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8443" -->


の" <connector port="8009" protocol="AJP/1.3" redirectport="8443"></connector>"のコメントアウト部分を解除する。

■Apache2の設定
1.モジュールをロードする。
Apatche2よりダミーとファイルとして(空ファイル)の"/etc/apache2/httpd.conf"に以下を記載する。

LoadModule proxy_module /usr/lib/apache2/modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_ajp_module /usr/lib/apache2/modules/mod_proxy_ajp.so


☆ポイントっ!
LoadModule proxy_module /usr/lib/apache2/modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_ajp_module /usr/lib/apache2/modules/mod_proxy_ajp.so

ここは、mod_proxy.soとmod_proxy_ajp.soの場所をlocateとかfindとかで調べて記載するようにしてください。
ベースはhttpd.confがある場所となるため、モジュールのロードに失敗します。


2.apatche2(80番ポート)経由でTomcatへアクセス出来るようにする。
任意の設定ファイルを作成する。(httpd-proxy.confとしました。)

<location aipo=""></location>
ProxyPass ajp://localhost:8009/aipo/


3.設定ファイルをInclude
apache2.confに以下を追記する。
# Include proxy setting
Include httpd-proxy.conf

あとは、Tomcatを先に起動してApacheを起動し、

「http://localhost/aipo/」といれると、aipoのログイン画面が表示されます。
※これまではhttp://localhost:81/aipo/だったので、ちょっとすっきりですし、他のWebシステムを利用する場合も利用できますね。



それでは、本日はここまで~

category: Linux

2011/08/06 Sat. 00:54 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

【公開】ChromeにMixiランダムアクセス機能を追加する。 

icon_128.png

ども♪茅原です。

本日はChromeのプラグインの追加のご報告です。
今回はちょっと息抜きのジョークソフトです。
ソフト概要は以下の通りです。

【ソフト概要】
ソフト名:ミクぺたっ!
機能  :Mixiにログインして、ランダムにユーザを表示する機能を右クリックに追加します。

【使用方法】
1.「設定」(※スパナアイコン)を選択します。
2.「ツール」を選択します。
3.「拡張機能」を選択します。
4.「ミクぺたっ!」の「オプション」を選択します。
5.Mixiにログインするメールアドレス、パスワードを入力します。
6.「保存」ボタンを押下します。
7.任意で新しいタブを開きます。(※このとき、Chrome用のページ(chrome://***)では機能しません。)
8.右クリックを押下します。
9.「ミクぺたっ!」を選択します。


【イメージ① オプション画面】
screenShot_01.png

【イメージ② 右クリックメニュー】
screenShot_02.png

【注意!】
本プラグインは「新しい出会いのきっかけ」のために作成したものです。
足跡だけ残すためだけに行う連続利用は規約違反であり、サイト側でブロックされる可能性がございますので、
連続でのご利用は控えていただければと思います。(※そのため、同時表示数も最大3件までとさせていただいております。いかなる理由がございましてもサイト様より公開禁止のお達しが来た場合、本プラグインの公開をやめさせていただきます)
本プラグインによる当該トラブルに関して一切責任を負わないものさせていただきますので改めて、ご了承ください。


と、赤字でいろいろ記載しましたが、

開発者の見解として
普通の生活していれば、誰かは視界に入るし、話す場に行けば、話をしたり、聞きたりして、知り合いも増えます。そうやって人同士のかかわりが増えるのかな。と思います。
同じ人を付け回すとストーカーさんになっちゃいますが、そうでなければ、
いろいろな人のプロフを見て、同じ趣味もっている人を見つけたら積極的に交流を深めて欲しいものです。

ちょっと古いネタですがネットユーザの友達数で世界で一番少ないのが日本で29人だそうです。一番多いのがマレーシアで233名です。友達100人とまでいかないものの、もうちょっと増えても良いかなと思います。変な事件も多いので過敏になるのも分かりますが。。。

【元ネタ】
http://www.tnsglobal.com/news/news-ED8B37EB4E6D4FE7BF125277F8E4C3EB.aspx


余談ですが私も他社さんが集まるエンジニアの勉強会なるものに参加させていただきました。
いやはや、こういう勉強会にはガンガン参戦させていただきたいものです。
とはいえ、私も妻子のある身。そこらへんはほどほどに♪ですね。

さて、本日はこのへんに。
明日で、ゴールデンウィークも終わりですね。
充電いっぱいしたし、頑張りましょう!


--【備忘録】--
Chromeのアプリケーションの公開でちょっとハマったのでメモ。

Chrome(Version 11以降?)でAppを公開しようとした場合、
最初は「Publishing to test accounts」として公開されます。

その後、「Publishing to the World」にする場合は一度unpublishして、再度「Publish」を行う必要がある。

【Googleの本文引用】

Note: To publish to the world after publishing to test accounts, you first need to unpublish the app.

Google Code http://goo.gl/iVynf Step9参照


category: Chrome

2011/05/07 Sat. 23:46 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

Ubuntu11.04にWindowsソフトをインストールする(IcoFX編) 

ども、茅原です!
本日も張り切ってLinuxを楽しんでいきましょうか!

今回は個人で行っているソフトのアイコン作成のために、
IcoFXを利用したくなったので、WindowsツールをLinuxで使用できるようにします。

他のWindowsのツールも利用(動作不安定のものもあります)ですので、
LinuxでWindowsのツールを利用する場合はお試しください。

1.Wineをインストールする。

sudo apt-get install wine
以下の特別パッケージがインストールされます:
cabextract esound-common gnome-exe-thumbnailer icoutils imagemagick libaudiofile0
libcdt4 libesd0 libgraph4 libgvc5 libmagickcore3-extra libmpg123-0 libnetpbm10
libopenal1 libpathplan4 netpbm ttf-droid ttf-mscorefonts-installer
ttf-symbol-replacement ttf-umefont unrar winbind wine1.2 wine1.2-gecko winetricks
提案パッケージ:
esound-clients libterm-readline-gnu-perl libterm-readline-perl-perl imagemagick-doc
autotrace curl enscript gnuplot grads hp2xx html2ps libwmf-bin mplayer povray radiance
texlive-base-bin transfig ufraw-batch
以下のパッケージが新たにインストールされます:
cabextract esound-common gnome-exe-thumbnailer icoutils imagemagick libaudiofile0
libcdt4 libesd0 libgraph4 libgvc5 libmagickcore3-extra libmpg123-0 libnetpbm10
libopenal1 libpathplan4 netpbm ttf-droid ttf-mscorefonts-installer
ttf-symbol-replacement ttf-umefont unrar winbind wine wine1.2 wine1.2-gecko winetricks
アップグレード: 0 個、新規インストール: 26 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
79.0 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 221 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? Y


※ちなみに通常のapt-getでwineを導入すると1.2.2がインストールされました(2010/5/3時点)
 最新のものを入手したい場合、
sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppaを追加し、sudo apt-get install wine(バージョン指定)


2. Wineインストール中のフォントライセンスを確認する。


img_001_20110504004105.png

img_002_20110504004105.png


3.wineconfgにて初期設定を行う。

$wineconfg
wine: created the configuration directory '/home/.wine'
fixme:msvcrt:_setmbcp trail bytes data not available for DBCS codepage 0 - assuming all bytes
fixme:system:SetProcessDPIAware stub!
fixme:dwmapi:DwmIsCompositionEnabled 0x33d04c
fixme:file:MoveFileWithProgressW MOVEFILE_WRITE_THROUGH unimplemented
fixme:advapi:SetNamedSecurityInfoW L"C:\\windows\\system32\\gecko\\1.0.0\\wine_gecko\\components\\xpti.dat" 1 536870916 (nil) (nil) 0x19c064 (nil)
fixme:iphlpapi:NotifyAddrChange (Handle 0xa73e8d8, overlapped 0xa73e8e0): stub
fixme:file:MoveFileWithProgressW MOVEFILE_WRITE_THROUGH unimplemented
fixme:advapi:SetNamedSecurityInfoW L"C:\\windows\\system32\\gecko\\1.0.0\\wine_gecko\\components\\compreg.dat" 1 536870916 (nil) (nil) 0x1f01eec (nil)


以下のようなディレクトリが表示されましたら、初期設定としては完了です。

img_003_20110504004105.png

4.Windowsのソフトをインストール可能か確認する。
以下、Wineの公認サイトより確認可能です。
http://appdb.winehq.org/

この時検索結果として動作再現状態を示すランクあり、
Platinum
Gold
Silver
Bronze
Garbage
の全部で5段階となっております。

今回の場合、IcoFXはランクPlatinumということで、問題なく動作可能かということが分かります。
【検索結果】
img_005_20110504004105.png

5.Windowsのソフトをインストールする

wine icofxsetup.exe

インストーラーが起動します。
img_008_20110504004238.png

インストーラの操作についてはここでは割愛致します。


すべてのインストールが完了すると動作できました(パチパチパチ)

img_007_20110504004105.png

7.インストールしたソフトを起動する。

>cd ~
>cd .wine/drive_c/Program Files/IcoFX 1.6
>wine IcoFX.exe


Windowsを多くのユーザが利用する利点として
・ユーザインターフェースが直感的
・自動で設定してくれる
・対応するソフトが多い
・ユーザ数の多いソフトを利用したい(パッと思いつくところではAdobe系やOfficeとかですかね)

反面、
設定が外部に公開されていないためカスタマイズできない。
問題が発生しても個人で解決できない。そもそも、有料。
っていうのもあります。

WineというソフトのおかげでWindowsではできたけどLinuxではできないということの
敷居がぐっと低くなったかと思います。

上記の説明ですと、ちょっと難しいかもしれませんが、手順通りに行えば、
大きな問題にもならないかと思います。

OSを買う(普通にパソコン買ったらWindowsがプリインストールされておりますが・・・)のをぐっとこらえて
Linuxに挑戦すると新しい世界が広がって面白いかもしれません。

あぁ、インストールかまけて、開発すすんでないや(笑)
明日頑張ることにします!

それでは、本日はここまで!

category: Linux

2011/05/04 Wed. 00:53 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

Ubuntu11.04のUnityを触ってみる! 

はいっ!茅原です。
久々のBlog更新でございますm(_ _)m

今回は4/28に正式公開されたUbuntu11.04について記載したいと思います。

img001.png

まずは上記をご覧ください。

画像をみても何も表示されていないのでは?と思われているかと思います。
そうです。ソフト自身は何も起動しておりません!ただのデスクトップ画面です(笑)

今回の11.04で大きく変更になったのはこのデスクトップシステムで、GNOMEからUnityへ変更となりました。
これは、Linuxにとっては非常に事件で、今後、このUnityが他のディストリビューションにも採用されるかポイントになるかと思われます。使用感についてはユーザによって賛否両論があるかと思います。

そんな賛否両論の中で私もちょこっと使ってみましたので、レビューの結果を記載したいと思います。

【アプリケーションの開始・再開】
左側の「Launcher」をクリックする。





img004.png

■Launcherへの登録
デフォルトで表示されていないアプリケーションについては、一度はアプリケーションを起動します。
アプリケーションの起動にはいくつかありますが、
・Launcher→アプリケーション
 ・コマンドライン
起動後、Launcherにて開かれたアイコンを右クリックで「ランチャーに常に表示」を選択します。

■Launcherの表示方法の変更について
現状、Launcherの表示方法についても2種類ございます。

[設定方法]
Launcher→アプリケーション→インストール済みアプリ→さらにXX件の結果を見る→システム設定→ランチャー&メニュー
1.画面の左側を押した時
2.画面の左上隅に触れた時

■ショートカット
1.アプリケーションの起動と復帰
「Superキー」(※Windowsであれば、Windowsキー)を長押しすると、
Launcherに番号が表示されますので、番号を押下すると起動・及びアプリケーションの復帰が行われます。

2。すべてを最小化
「Superキー」+D

3。(ついでに)よく使うショートカットさん
おなじみですが、
 Alt + Tab:ウィンドウを切り替えられます。
 Alt + Shift + Tab:ワークスペースすべてのアプリケーションを対象に切り替えることができます。
 Ctl + Alt + カーソルキー:ワークスペースを移動します。




【便利ッス!】
同じアプリケーションが複数開かれている状態でLauncherから復帰すると、アプリケーション単位で
選択項目が表示されます。Alt + Tabで切り替えると他のアプリケーションの一緒に選択対象となるため、
こういった細かなところは嬉しい限りです。

なので、
Windowsキー + 数値(アプリケーション番号) → カーソルキーでウィンドウをアクティブ!

という感じの操作感になりますね。

【ワークスペースの移動】
GNOMEのときは、画面下部(※表示位置カスタマイズ可能)にありましたが
今回からLauncherに追加されております。

img003.png

【画面のカスタマイズ】
個人的にちょっと残念かと思ったのが、デスクトップからシステム系に遷移できないのは残念です。
とはいっても、折角導入したUbuntuにデスクトップシステム!カスタマイズしていきましょう!

1.システム設定の表示
Launcher→アプリケーション→インストール済みアプリ→さらにXX件の結果を見る→システム設定

img_05_20110501011036.png

2.「外観の設定」を選択する。
あとは見慣れた画面なので、ここから好みの外観に編集してみてください。

【表示ウィンドウのオートリサイズ】
使ってみて便利だな~と思った機能として、ウィンドウのオートリサイズ機能です。
Windows 7等では実装されておりますね。
ウィンドウを左右へドラッグアンドドロップをするとウィンドウ上に、リサイズ領域を示す線が表示され、
ウィンドウは表示された線に沿ってリライズされます。

・リサイズの実行タイミング
ウィンドウが画面左側、右側、上部に触れているタイミング
ウィンドウサイズの40%程度が触れたときに動作する模様。

左側:左側半分のサイズとしてリサイズ
右側:右側半分のサイズとしてリサイズ
上側:全画面のサイズとしてリサイズ


-- 以上 --
えっと、Unityについて基本的ところを使ってみた感じだと↑のような感じです。
もうちょっと、視覚効果やワークスペースの数等はUnity用のツール「CompizConfig 設定マネージャ」がございまう。
Super + A で ccsmと検索導入することで詳細な設定が可能(とのことです・・・)
私の環境で早速導入して視覚効果を有効にすると、ちょっと動作がおかしくなってしまったので、
ccsmのレビューは機会があったらしたいと思います。


えぇ~個人的な総評ですが、「嫌いじゃないです。」という感じです。
というものWindowsを利用してた時もそうですが、私の場合はデスクトップ環境をあまり弄ることをしないので、ほぼデフォルトなので、GNOMEでもUnityでもそこまで不便さを感じませんでした。

ただ、今回のレビューでもccsmにて視覚効果有効時に挙動不審になったり、ウィンドウが黒塗り状態となってしまったり(リサイズで復旧)といくつか不具合動作を見受けられます。こちらについて「だからGNOMEのほうが・・・」という結果には落ち着きませんでした。

新しいソフトウェアにはそれそういうの不具合が存在するかと思いますし、
そうした不具合が収束することで次世代のソフトして定着すると思います。
これはどんなソフトでも同じですね(Windowsのブルーバッグやレッドバックが懐かしい 笑)

今後もUbuntuを応援したいと思います。
ではでは!


あっ、再度にデスクトップとは関係ありませんが、
Googleの文字入力システムMozc(モズク)のアイコンが変わっておりました。
可愛くなって嬉しいです。

category: Linux

2011/04/30 Sat. 23:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

新年度スタート!!! 

ども、茅原@ブログ放置気味です。
時折呟いておりますが、肺炎というものになってしまい、
ベットの上でボォーっとしている日が続いておりました(´∀`*)

ちなみにこの記事もベットで書いていたりします。

んで、ベットで横になっている間に
早いもので新年度がスタートしてしまいましたね。
折角の新年度なので、何か目標設定したいと思います。

1.専門書を月に1冊読む
2.C♯でライブラリを作ってみる
3.ブログは週1で更新
4.Chromeのプラグインを3つ作成する。

くらいはやりたいと思います!
ダラダラ過ごすよりかは張り合いが出ますね。
頑張らないと!

category: 日常

2011/04/03 Sun. 07:45 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。